スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ホーチミンでの注意… 

ちょっと遡って…

ホーチミンに着いたその日、まさに今から「START!!」ってときに4回目のホーチミンにして初めてひったくりを目撃しました
場所はホテルから至近のデタムの角っこ。
0085.jpg
「ホーチミンはもぅ地図がなくても歩けるゼィ」くらいの、緊張感がややなくなってきていた私には衝撃的…

被害者はヨーロッパ系の若い女性だったんですが、小さなBagを肩から掛けてたんです。
しかし、思ったよりしっかり持っていたようでBagは下に落下しただけで、犯人は逃走しました。
ケガもなくBagも無事だったので何よりでしたが、女の子は呆然・・・
そらそーデス。。。
きっとホーチミンが嫌いになっちゃったと思う

ホーチミンの人は人懐っこくてイイ人が多いです。
しかし、こういった軽犯罪が多いのも事実です。
自分で防げるものは防いで下さい。


まずBag。。。
これはななめバッグがおススメです。
タスキがけ。
ガイドBOOKにもよく記載されてますが、これは本当におすすめ。
そして、人の多い市場等に入ったときには前で抱えます。
「わたし、バッグ気にしてます!!」ってアピールするのが大切なのです。
バッグを後ろにしてると今度はスリにやられちゃいますので…

もう1つ気をつけて欲しいのは「TAXI」
安いしおすすめだと何度も書いてますが、いろいろ注意した上で安全に利用して下さい。

→まずはココでチェックしてみてね←

今回、私はタクシーで1度も嫌な思いをしませんでした。(ホーチミンでは)
白タクに乗らないのは基本ですが、VINASUNに当たり外れがあるので1度や2度の遠回りくらいは覚悟の上だったんですが、なかったんですよね~
まぁ運もあるんでしょうが、思いあたることが1つ。
「私、道知ってるよ~」ってのをアピールするんです。
「あ、コレはベンタイン市場だ!」とか。
初めての場合は、地図を広げてるだけでも効果はあると思います。
間違っても寝るのはやめて下さい。
公共の交通機関やタクシーで寝るのは平和ボケした日本人だけです。
違うとこ連れてかれてても文句言えませんよ~

あまり神経質になることもありませんが、楽しい旅行になるように安全策を講じることも大切です。


~おまけ~
ホーチミン1日目の夜。
明日はメコンデルタなので早めに寝ようとしていると、なにやら外が騒がしい…
部屋の窓から覗いてみると・・・
0086.jpg
交差点がバイクで埋め尽くされている。。。
そしてみんな国旗をもって「うぉぉぉぉ~~~」って。
「なんだなんだ、ホーチミンの暴走族か?」
しかし多いな…

シャワーもしたし、完全なるスッピンだが好奇心の虫が・・・
ママと2人で外に出てみることにした。

チャンフンダオ通りまで行くと、広い道はバイクだらけ・・・
0088.jpg
小学生(自転車)からおじいちゃんおばあちゃん(見学)まで…
実にはば広い。
暴走族ではないらしい。。。
じゃぁなんだコレ???
0087.jpg
中には一家4人で参加している親子もいる。

祭りだ。。。
しかし何の祭りだ???

道路を塞いでギャーギャー言ってるので渋滞も発生しだし、大変なことになっていた。

そうこうしてると白バイ軍団がやってきた。
0089.jpg
が、あまり役には立っておらず眺めているだけだった。

コンビニでアイスを買って退散。。。

次の日、メコンツアーのガイドさんになんだったのか聞いてみると「サッカーでラオスに勝ったんだよ」って。
そんだけ???

サッカーはベトナムの国技なので国際試合に勝つとお祭り騒ぎが発生するらしい。。。

本当に勝利を喜んで走っているのか?
ただ騒ぎたいだけなのか?
まぁ、みんな楽しそうだったので良しとしよう

めずらしいモノを目撃した夜なのでした。。。


Re: タイトルなし

ホーチミンの暴走族は全員参加型です。
旗売りまで現れるので、国旗を持っていなくても心配無用。
あなたも是非i-185
しかしデカすぎて持って帰れません…
[2010/02/10 14:19] エリー [ 編集 ]

だれがみても暴走族に見える
この写真どれも笑える
どれもこれも二重だから(笑)


[2010/02/10 11:32] マンゴー [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mame0mame.blog116.fc2.com/tb.php/154-51a2642c







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。